山に行ってきました!…お気楽のんびり山登り ・ キャンピングカー「アミティ」 ・ 美味しい物などなど!
HOME > 山行記録(松本アルプス)山行記録(2009年) > 松本アルプスきのこ狩りツアー 2009! −日和田高原〜松本〜白馬 <1日目/2日目
 

松本アルプスきのこ狩りツアー 2009! −日和田高原〜松本〜白馬

   



2009年9月26日(土)〜27日(日) 日和田高原(1,300m)

朝晩すっかり秋めいて来ました。
今年で2回目の、松本アルプスきのこ狩りツアーです!

昨年はちょっと遅かったせいか収穫が少なくて少し物足りませんでしたが
「この時期なら絶対間違いないから!!」
という滝沢さんの一言で新年会席上で決定したスケジュール。

でも冷夏でまるでずっと梅雨が続いているかのような夏の後は雨のないカラカラ天気が続き
「雨が降らなくて山が干からびてるよ〜。キノコないよ〜。」
滝○さんからこんなメールが入ったり
直前になって木曽駒隊員の不参加の連絡が入ったり、ちょっと不穏なスタートになったのでした。(^^;)

参加メンバー
松本アルプス探検隊:潤平さん&真子ちゃん(仮)、アクアマリンピアスさん、常念坊さん、岳の介さん&akemi
信州チーム:滝○さん、I先生、山犬さんしもじさん、H君、女の子2人、Aさん(仮)





☆コース☆

日和田高原→松本→栂池→白馬→安曇野

シルバーウィークの尾瀬鉾田キャラバン直後だったので
普通に前夜出発だった我が家、日和田到着はAM3:00でした。

私達が出発直後に現地近くから電話をくれた潤平さん達が
迷いに迷って、ほんの少し前に到着したばかりとかで盛り上がっててビックリ!!(笑)

SWの疲れも全然取れていない普段早寝の私達はとりあえず仮眠しました!
集合は6:30…睡眠時間3時間弱…。

無理やり起きて、集まったメンバーと顔合わせの挨拶をして
会場になる日和田高原の管理人さんにご挨拶を済ませて…
8:00 いざスタートです!

昨年のきのこ狩りは「山」だったので結構な斜面を歩きましたが
今回は高原の中なので、割と気軽にキノコを探しながら歩けました。

でも、岳の介さんも私も寝不足過ぎて全く使い物になりません。
私は眠過ぎて目の焦点が合わないし、吐き気がしてフラフラでした。(^^;)

それでも、前日に少し雨が降ったらしいお陰もあってかぼちぼちキノコが見つかります。
昨年教わった毒キノコは採らずに、後は美味しそうな気がするのをかごに入れていきます。

あ。
ベニテングダケは毒キノコ好きのI先生へのお土産です。(笑)

これぞ正統派キノコ採り達人風スタイルです!!

足元の長靴は、多少周りが濡れててもズボンのすそが汚れないし、石や小枝も入りません。

右手に持っているのはキノコ鎌。(山菜採りでも重宝しています。)
少し高い所のキノコや、根元がもぐったキノコを採るのに便利です。

左手に持ってるカゴはキノコがゆったり入るので傷めず便利です。
腰カゴだと小さくて、中に入れたキノコが割れたりしてしまうのです。
キノコ狩の達人の皆様は、こんなカゴを手に提げながらドカドカ収穫するのです。(笑)

このカゴは、スーパーから持って来たんじゃないですよ!
私がレッスンの時ボール入れに使ってたヤツです!(^^;)

背中にはデイパックにカッパやタオル、水などなど。
そして普段めったに使わない熊鈴もしっかり着けてます。

足元を見ながら歩いていると、時にはこんな群生も!!

前半は収穫が少なめだった為にだれがちだったメンバーでしたが
こういうのを見つけると、俄然動きが良くなるのでした!!

ちなみにコレはサクラシメジモドキです。

後から戻って来たアクアマリンピアスさんが
「私が歩いてた所には、まだまだたくさんあって置いてきちゃいましたよ!」
なんて言ったものだから、みんな目の色が変わって引き返して行きました。(笑)

やる気満々の名人グループについて行っても分け前はわずかだろうし
眠たさのあまり気持ちが悪くてふらふらの私には歩く気力がなくて
帰る方向の途中で採れるかも知れないからいいや…と別行動する事にしました。

岳の介さんとのんびり歩きながら探すと…あるある!ありました〜〜!!
さっきまでぽつぽつとしか見つからなかったのに、群生していてうじゃうじゃ!!
やっぱり、たくさん採れるとうれし〜い♪(^^)

11:00 予定通り集合してみると、皆さん想像以上の収穫でした!!
とりあえず収穫したキノコのカゴを前に、はい、パチリ♪

ナントみんなからはぐれた潤平さんは、マイタケを見つけて来ました!!
はじめて見た天然のマイタケ…スーパーで売ってるのとはまるっきり違いました!!

身が肉厚でしっかりしてて大きいし、香りがすごくいいんです!!
潤平さん、すごいですねぇ〜〜〜〜!

収穫したキノコたち、撮影用にちょっといいのを選んでセッティングしてみました!
まるで売り物みたいだけど、自分たちで採って来た天然キノコたちですよ!

左から
サクラシメジモドキ、ホンシメジ、ベニテングダケ(毒)、クリフウセン

コレはなぜか桃の香りがするキノコです。

今回は「信州きのこの会」のメンバーのI先生(本も書いてます!)や山犬さん
キノコ界では超有名人のしもじさんなど凄いメンバーが揃っていて
皆様、キノコの同定などにも余念がありません。

こんな凄い方々と一緒ですので、私達が適当に採ったキノコもたちまち仕分けされて
あら〜!こんなに食べられないヤツばっかり?(^^;)
でも、残ったのだけでも凄い量が採れましたから満足です!!

標高が1,300mほどの日和田高原は、紅葉も始まっていました♪

白樺に、漆の赤い色が映えて綺麗ですね〜!!
何だかこのところ、少し早めの秋を満喫しています♪

収穫したキノコ&持ち込んだ食材を持ってキャンプ場の炊事場をお借りして…
名人の皆様に仕分け&下ごしらえして頂いたキノコをたっぷり使ってお昼を作りました!!

どうです!このキノコの量!!

キノコがたくさんあり過ぎて、最初はふたが閉まらないくらいでした!!
ぐつぐつ煮込んだら、キノコのダシが出てとってもいい香り〜〜〜♪

ナント!!あの「ベニテングダケ」も入っています。
コレは名人が揃っているからできた事で、素人が真似をしてはいけません!!
ベニテングダケは立派な毒キノコですからね!!(^^;)

キノコたっぷりのキノコ鍋、味噌仕立てで頂きま〜す♪
たまりませんねぇ〜〜〜♪

こんな贅沢な物を2杯もお替りしちゃいました!
もうお腹いっぱいです〜〜〜。


お昼が終わって日和田高原で解散して
私達松本アルプス探検隊も、それぞれ松本へ向かいました。

日和田高原からは木曽を回って下道でトコトコ2時間ちょっとでした。
でも…睡眠不足の私は全然もたず…途中で撃沈でした。
岳の介さんも眠いのに、ゴメンなさい〜〜〜。(;;)

山海亭さん登頂の前に身を清めます。(笑)

なぎさライフサイトにある「瑞祥」さんです。
時間が早めなので落ち着いて入れました。
料金は650円です。

さっぱり汗を流したら、松本アルプス最高峰の山海亭さんです!!

いつも山から下りてたどり着くから真っ暗なんですが
今日はまだまだ早めなので、珍しく明るいうちに、はいパチリ♪

他のメンバーが到着するまでアミティで仮眠をとって
充電したところで、いざアタック開始です!(笑)

先発隊の潤平さん&真子ちゃん(仮)に合流して、まずは生ビールで乾杯です!!

常念坊隊員はJrの体調に不安があり残念ながらアタック断念との連絡が入りました。
木曽駒隊員ともども、残念ですね〜。

登頂メンバーは
潤平さん&真子ちゃん(仮)、アクアマリンピアスさん、岳の介さん&akemiでした。

さて、お料理の方はどんどん出てきますよ〜〜〜!!



上の写真
さくさくジューシーなメンチカツ、とろり煮込んだモツ煮。
天然キノコオオツガタケの天ぷら、たっぷりだし汁を含んだアツアツの板長の玉子焼き。

左の写真
天然キノコオオツガタケのバターホイル焼き、松本名物山賊焼き。
山海亭名物さくさくパリッとした蕎麦ピザ、ホクホク美味しい肉じゃが。

生ビールやサワーも進んじゃいますねぇ〜。(笑)

「では、そろそろ行きましょうか?」

おもむろに出てきたのは、大信州の「特別」な美味しいヤツです。(笑)
きりっと良く冷えてて、このガラスの徳利がまたにくい演出なんですね。

アクアマリンピアスさんは解散後もI先生やしもじさん達と放浪を続けて
その後もキノコやアケビ、サルナシなどたんまり収穫して来たとか。

この本は、I先生など信州きのこの会のメンバーによる
「食べられるキノコ200選」です。

中を見ると、見覚えのあるキノコがたくさん!
信州独自の呼び名も載っていて、とっても良さげです。

私達は松本アルプスを含めて3回目のキノコ狩りでしたが
少しずつ見分け方を覚えて、食べられるキノコがちょびっと判るようになって来ました。
こういういい本があると勉強になりますね。
あと、山と渓谷社の「日本のキノコ」があれば、愛好家には十分かな?

なんて話をしているうちに、山海亭さんから下山開始…

滝○さんがリーダーになり、松本ラーメン探検隊に。
フルメンバーで夜中の松本の街を歩きました。(笑)

訪ねたのは「香根」(かね)さん、2回目です。
台湾料理&手打ち麺のお店です。

麺を打つこの方が、前回は台湾に帰省中だったとかで
今回初めて麺打ちする姿を目にする事ができました!

生地を伸ばしては折りたたみ、引っ張り伸ばし、ねじっては伸ばし、折りたたみ…
繰り返していくうちに、見る見ると細い麺になっていく様はまさしくお見事!!

何だか、このパフォーマンスを見るだけでも価値がある気がします!!

もちもち手作り皮の美味しい餃子をつまみながらビールを飲んでいると
お待ちかねの、手打ち麺が登場です!!

みんなそれぞれ違う物を注文しました。
写真は岳の介さんの坦坦麺です。

前回来た時は、製麺屋さんの麺を使っていたようでごく普通のラーメンでしたが
今回はいかにも手打ちの麺、喉越しが違いました。
今度来る機会があったら、あっさり醤油ラーメンで食べてみたいですねぇ。


こんな具合で普段飲んだ後は食べたりしない私達ですが、しっかりラーメンまで食べて
満腹、でも眠過ぎて訳がわからない状態で、解散後は2人してアミティで爆睡だったのでした。(^^;)
  
copyright © akemi all rights reserved.
inserted by FC2 system